教室にいるとき大きな地震が来たら 避難場所について

足跡の赤いテープ
足跡の赤いテープ

 大きな地震が来たら、基本的には教室で おうちの方のお迎えを待ちます。子どもたちをいち早安全にくおうちの方にお返しするにはどうしたらよいかを考えました。どうしても教室にいられなくなった時には、次のようにします。携帯電話はつながらなくなると考えて、共通の理解を持っておこうと思います。携帯電話やメールがつながる場合は、臨機応変に対応します。

日吉4丁目 テラス日吉

テラス日吉を出て左を向き、突き当たりにある保福寺の境内に行きます。

日吉4丁目付近が危険な状態になってしまった場合、 矢上小に避難します。

日吉本町 みんなのへや

みんなのへやにいる時に大地震が来たら、駒林小に避難します。

 

移動する場合は、必ず足跡を残します。赤いガムテープ に黒マジックで直接メッセージを書いて次の場所に貼ろうと思います。

日吉4丁目 テラス日吉

先ず、1階の黄色い看板に赤いガムテープをはります。その後は、次のようにします。

保福寺境内中心部にある銀杏の木の幹

矢上小 校門を入って右にある池の対岸の水のみ場の台

みんなのへや

先ず、日吉第7コーポ前の郵便ポストに貼ります。

駒林小、校庭に面した広い門から校庭に入りすぐ左手にある銀杏の木の幹

 

上記それぞれの写真は、HPフォトギャラリーに載せていますのでごらんください。